【最終更新日:2019/06/06】

痩身にEMSしてませんか?

「簡単に痩せる」に心惹かれる人は

何かに取り組むタイミングじゃない

今取り組めば、痛い目を見る

そのサイズダウン、EMSしていませんか?

EMSの特徴には色々あるのですが、EMSによる筋肉への影響を検証した論文が実はありまして、その中でこれだけ覚えておいて欲しいものがあります。

筋肉が固くなる

これです。EMSでボディサイズダウンが起こる秘密はこれです。

筋肉が固くなるのです。

筋肉が固くなるという事は「収縮する」ということであり、更に言葉を置き換えると

筋肉が引き締まる

こういう事になります。

 

 

 

EMSをしたら必ず「部分痩せ」します。それは筋肉が固く緊張しっぱなしになるからです。

EMSは電気刺激なのでビリビリビリと筋肉を刺激します。それも凄い勢いで小刻みに。その結果、筋肉はその刺激に対抗する為の硬さを維持する様になるのです。

「脳を経由せずに直接運動神経を刺激する」

この様な謳い文句がEMSには目立ちますが、電気刺激の情報はしっかり脳に届いています。

脳がしっかり反応を管理してくれてるから「締まる締まるぅ~」と感じる程度の筋収縮で済んでいるのです。

脳の管理が届いていなければ反射の制御ができずに頭が膝にごっつんこします。その前に腰が壊れます。

腹筋〇〇回分に相当するぜ!

EMS系統の謳い文句で「腹筋〇〇回分に相当する!」というものがあります。

もう殆どの人がわかっていると思いますが、そんな都合の良い話はありません。

  • 自分の意思で収縮をさせる1回
  • 電気刺激で反射的に動かす1回

これ完全に別物ですから。

何がどう違うのか、それを説明するのも面倒になるくらいに「全く別の反応」です。

「筋肉が収縮する」という物凄く大雑把なカテゴリにするなら「同じ」だと思いますが、お金を頂くプロがそれしちゃイカンだろう。。。

シルベスター・スタローン扮する「ランボー」が電気ビリビリされたのと同じ原理ですからね。一応。

EMSをアナログにするとこうなる

痩身・ダイエット系統のEMSは電気を使ってこういう事をしている訳です。

これでやるとEMSに比べて回数は減りますが、1回当たりの負荷が極めて高くなるのでこれはこれで効果的です。ただ痛いししんどい。

外からの強い力に対して「防御反射」を起こします。続ける事で「身体が覚える」訳です。

「もうへっちゃらだもんねー」

刺激を受けている部分がドンドン固くなる事で耐久力が増しますが、柔軟性は同時に失われます。全身性のネットワークがドンドン歪になっていく訳です。

return top